+ SITE MENU +

お金を借りるとき、特に初めてお金を借りるときには、どのように借りたらよいのか、何に注意して借りたらよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。簡単にお金を借りることのできる現代だからこそ、お金を借りるときに注意が必要な点もあります。

どこからお金を借りるか

やはり最も気をつけたいのは、どこからお金を借りるかという点です。親戚や友人などの知っている人から個人的に借りるという方法もあれば、銀行から借りる、消費者金融から借りるなど、お金を借りる方法はいろいろあります。

一般的には知人などから借りたほうが、無金利または低金利で借りられますが、人間関係が難しくなるというデメリットもあり、銀行や消費者金融から借りるという人も少なくありません。銀行や消費者金融にもいろいろあって、金利や審査の厳しさなどそれぞれ異なるので、できるだけよく調べて有利に借りられるところから借りるのがよいでしょう。

必要以上にお金を借りない

借りたお金は必ず返さなければなりません。金利で返す金額が借りた以上に増えても、減ることはありませんから、借りる金額が大きくなればなるほど返済は大変になります。

「どうせ借りるなら多めに借りたほうが余裕ができる」と思う人もいますが、返済がきつくなるだけですので、必ず必要な金額だけ借りて、金利は最小限に抑えるようにしましょう。

返済計画を考えてお金を借りる

お金を借りたら、翌月から返済が始まります。それまでも余裕のない生活をしていた場合、返済が終わるまでさらに毎月返済金額分の出費が増えるわけです。借りた後の一定期間、毎月の出費が増えても大丈夫か、いつまで返済が続くのか、きちんと計算して、返せると判断してから借りるようにしましょう。もちろんどうしてもお金が必要なときはあるのですが、返せないお金を借りるのはよくありません。

初めてお金を借りるけど大丈夫?

初めてお金を借りるときは、審査を受ける必要があります。よほどの大金でない限り、初めての借り入れで定職についていれば審査に落ちることはありませんが、やはり審査を受けるというのは緊張しますし、必要書類を用意する手間も必要になります。

ただし、最近は即日融資を行う金融機関が増えていることもあって、書類を写メで送ってその日のうちに審査をしてくれるので、かなり簡単になっているといえるでしょう。

注意が必要な点としては、借り入れが初めてだと思っていても、クレジットカードの支払いが滞ったままだったり、携帯電話の分割の支払いが遅れてしまったデータが、信用情報に残っていることがあるので、そういうことがないか確認してから手続きするようにしましょう。